Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > Black Box 用語事典 > ケーブル > ケーブル IV > 非シールド vs シールド ツイストペア ケーブル
ナビゲーション
 
非シールド vs シールド ツイストペア ケーブル

非シールド ツイストペアケーブル vs シールド ツイストペア ケーブル


空港や製造施設といった「ノイズ」の多い環境では、シールドツイストペア (STP) ケーブルが好まれます。これらの環境には、無線周波数干渉 (RFI) や電磁干渉 (EMI) がみられます。 STP のシールドは、ケーブルを介して伝送されるデータを保護し、それがケーブルそのものを EMI や RFI の放射から守ります。


ドレイン線とフォイルシールド

BLACK BOX® STP ケーブルは、広く使われている非シールドツイストペア (UTP) ケーブルと同じコアとジャケットを備えています。これらは、ドレイン線と4つのペア全てをカバーするフォイルシールドを含みます。STP ケーブルのプラグもまた防護されています。


フォイル ツイストペア

一部の STP ケーブルは、分厚いブレードシールドを使用しており、同等の UTP と比較して敷設が困難な場合があります。しかし、一部の STP ケーブルは外側に薄いフォイルシールドを有しています。これらのケーブルは、フォイルツイストペア (FTP) またはスクリーンツイストペア (SCTP)と呼ばれ、ブレード STP ケーブルよりも細く安価でありながら、 UTP の代わりにノイズの多い環境で使用することが可能です。


STP ケーブルは、まだ完全に EIA/TIA 標準によってカバーされてはいませんが、ある脚注には、 UTP の送信基準を満たす場合、100ohmのシールドケーブルを使用できると記載があります。BLACKBOX® STP ケーブルは UTP 伝送規格を満たしているか、上回っていることを保証します。

Share |