Newsletter
ナビゲーション
 
SCSI の進化

SCSI の進化


Ultra SCSI がデータトラフィックに複数レーンを開く

「スカジー」と略される称される SCSI (小型計算機システムインタフェース)は、コンピュータをハードディスク、CD-ROM、プリンタ、スキャナのような広範囲にわたる周辺機器に接続することを可能にします。SCSI は、周辺機器とコンピュータのメインプロセッサとを通信でつなぐ手段です。

SCSI の3つの長所としては、その速度、互換性、拡張性を挙げることができます。速度の面では、コンピュータの最速部はプロセッサであり、コンピュータの歴史における大きな課題は、できるだけ速くプロセッサの内外から情報を取得することでした。SCSI はプロセッサの内外から速く情報を取得し、それはさらに速くなり続けています。


SCSI の高い互換性.

すべての Macintosh® コンピュータには SCSI ポートが付属しており、そのほかにも、SCSI ポートを備えた多くのパソコンを購入することができます。コンピュータに SCSI ポートがある場合、同タイプの SCSI を備えた別のデバイスを入手し、プラグインしてください。それだけで新しいデバイスは動作するはずです。

SCSI はまた拡張が容易です。コンピュータに別のハードドライブを追加する場合は、SCSI ポートを介して接続するだけです。別の CD-ROM タワーやプリンタを追加したい場合、最大7つまで、場合によってはそれ以上の追加デバイスをデイジーチェーンで接続するすれば、使うことができます。

つまり、プロセッサの内外からより迅速に情報を取得することでコンピュータの歴史が形作られてきたとするなら、SCSI の歴史は、プロセッサの内外により広いパスを開こうとすることで形作られてきました。内と外へのパス、またインタフェースは、データトラフィックを遅くする障害になるおそれがあります。


マイクロプロセッサが高速になるにつれ、ハードドライブが大きくなり、高速処理が必須となって速度低下がより頻繁になってきています。その解決策が Ultra SCSI です


Ultra SCSI はどう動作するのか?

最近まで、Narrow SCSI と Wide SCSI は、それぞれ毎秒10Mbpsと20Mbpsの速度基準を設定していました。Ultra SCSI はこれらの速度を2倍にし、Narrow SCSI の速度は10〜20Mbps、Wide SCSI の速度は20〜40Mbpsとなっています。

驚くべきことに、SCSI の新しい速度限界は、ラジカルな新技術の導入によってではなく、遅延や、チップのホールドタイムに対し微細な改善を加えることによって達せられ、大幅な高速化を実現しました。時間短縮は、SCSI チップセットの新しい半導体技術の成果です。

技術は根本的には変化しないため、Ultra SCSI は、以前のあらゆる SCSI 標準と後方互換性を維持しています。さらに、内部ドライバ、ファームウェア、駆動回路のほとんどが、既存の SCSI と同じままであるため、使用しているネットワークトポロジを変更する必要はありません。実際、Ultra SCSI に切り替えても、周辺機器は全く影響をうけることなく、良好な性能のみが実現されます。


SCSI の背景

Ultra SCSI は、SCSI の適応・改善の長い歴史における最終段階です。実際、いつ SCSI-1 が終了して SCSI-2 が始まったのか、また、いつ SCSI-2 が終了して SCSI-3 が始まったのか、その境界線ははっきりとしません

1986年に承認された最初の標準である SCSI-1 は、コンピュータ業界の高まる需要を満たすために進化してきました。

そして、SCSI の各レベルのあいだで行われた改善や改訂について書けば百科事典ができますが、一般的な SCSI ユーザの関心は速度にあります。

SCSI-1 は、最大5Mbpsの転送速度をサポートしています。1994年に承認された SCSI-2 は、通常10Mbpsをサポートしていますが、Fast SCSI や Wide SCSI と組み合わせた場合、最大20Mbpsまで引き上げることが可能です。

SCSI-3 は、多くのハイエンドシステムにみられ、40Mbpsの転送速度を有しています。

20Mbpsと40Mbpsという速度により、Ultra SCSI は、これまでのあらゆる基準を引き離しました。最高速度を得るために、SCSI の他の形態同士を組み合わせる必要はありません。

ここで、4車線の高速道路上にある2車線の橋を想像してみてください。交通量が非常に少ない場合、車はスムーズに流れます。しかし交通量が増大したときには、橋では渋滞が発生しはじめます。ですが、高速道路と同じ車線数のより幅の広い橋を設置すれば、障害は全くなくなるはずです。要するに、SCSI バスや Ultra SCSI は、交通量の増加のために、より多くの車線を開くようなものです。


シリアル SCSI

Microsoft® Windows® 98 は、USB をサポートしており、これによって SCSI は USB やエキサイティングな可能性のあるファイバーチャネル上での実行が可能となります。


SCSI-5 の新しい点

SCSI-5 は、コネクタ インタフェースの新しいタイプで、VHDCI (超高密度コネクタインタフェース) または 0.8mm コネクタとも呼ばれています。これは、68ピンを有し、はるかに小さい占有面積で済むという点で、SCSI-3 MD68 コネクタに似ています。

SCSI-5 は、高いパフォーマンスが重要な要件である場所で次世代 SCSI を接続するために設計されています。Ultra SCSI Fast-20 や、新しい低電圧差動信号 (LVDS) 技術のような、高度な SCSI のマルチポート アプリケーション向けに選択できるコネクタになると期待されています。

Share |