Remote-Working-Solution
Newsletter
ナビゲーション
 

工業・製造業

生産現場の温度・湿度・汚染対策

Temperature, Moisture and Contaminants

家庭やオフィスの電子機器は温湿度管理された室内で使用されますが、工業用機器は極端な温度下で使用されることがよくあります。換気のない密閉型筐体に入れられ、屋外に設置されることが多く、冬凍結することもあれば、夏には極端に高温に晒されます。そのため、工業機器や電源は、広い温度差に耐え、動作することが求められます。通常、温度範囲は指定できるので、環境に合った機器を選択します。温度耐性は-25~+60℃ が一般的ですが、さらに -40~+75℃ に耐える機器もあります。部品は、埃や汚染物質の混入を防ぐために密封され、その多くは筐体内に設置されるため、筐体内の冷却は、ファンではなく、空気対流が主流です。




湿気は電子機器の大敵です。工業・製造業用機器は高湿度だけでなく、結露、水滴、水の飛散などあらゆる形態の水分に晒されることが想定されます。さらに、屋外や工場の床などに置かれれば、泥や埃、油、塩分、化学薬品などの影響も受けることになります。

コーティングによる保護

工業・製造業用機器は、通常頑丈な金属ケースに収納され、埃や湿気、化学薬品から遮断されます。フィルムやコーティングで電子回路の保護膜を張ることで、化学薬品、埃、湿気などからさらに保護します。

  Robots in Industrial Environments

Black Box では、保護コーティングされた製品のご提供も可能です。導入のご検討は、お問い合せ までご連絡ください。





工業環境向けソリューション

Share |