Newsletter
ホーム > リソース > ニュース・イベント > 製品ニュース > デジタル KVM で仮想化に対応する方法
ナビゲーション
 

デジタル KVM で
仮想化に対応する方法

How to Virtualise Digital KVM

仮想化環境では、企業内の何千ものデバイスに対してフルアクセスしたり、監視・制御できます。仮想化のメリットは、コスト削減、ワークフローと生産性の改善、ダウンタイムの短縮、管理の容易化、セキュリティと信頼性の向上にあります。放送から教育、グラフィックデザイン、製造、制御室まで、さまざまな業界が仮想化技術を利用して業務を強化しています。ただし、多くの KVM システムでは、仮想サーバなどにアクセスできません。仮想化の利点を最大限に生かすには、物理デバイスから物理ノードと仮想ノードのハイブリッドな世界に移行することです。

仮想化とは?

仮想化とは、サーバ、デスクトップ、OS、ファイル、ストレージ、ネットワークなどの仮想リソースを作ることです。仮想化では、別々の OS とアプリケーションを含んだ物理サーバを少数 (だいたい 1 つ) のマシンに統合します。仮想化により、コンピュータを運用環境から離れた場所に配置することができ、柔軟性が増し、復元力が向上します。仮想化でインフラと管理を簡素化し、ワークフローを改善、さらに高価なマシンとライセンスを複数のユーザが共有できるので、コストの削減になります。

その上、仮想化の利点はダウンタイムが少なくて済むことです。アップグレードを行うために操作を停止する必要はありません。ニーズに基づき、いつでもスケールアップやスケールダウンを実行できます。仮想マシンは即座に動作する準備が常時整っており、バックアップや復元が容易です。

仮想化とのギャップ

仮想化の利点を活用するため、多くの企業が KVM 技術 を導入しました。ただし、ほとんどの KVM ソリューションは仮想化資産でなく、物理的資産と物理サーバのみアクセス可能です。ソリューションとして、デジタル KVM 技術を使用して、1 つのリアルタイムダッシュボードから簡単な管理で物理リソースと仮想リソースにアクセスできます。

この物理とデジタル仮想化とのハイブリッドを実現するには、Black Box の InvisaPCBoxilla システムをペアにすることです。 InvisaPC を使用して、仮想サーバ上の資産にアクセスし、その後、企業の KVM & AV / IT システムである Boxilla を使い、システムセキュリティとパフォーマンスの監視・管理をします。

DKM KVM システムの強化

InvisaPC と Boxilla を使用して、DKM KVM システム をプライベートネットワーク以上に拡張することもできます。 3 つのシステムをすべて使用することで、ネットワーク上の任意のサーバに即座にアクセスでき、操作の生産性が向上します。同じインタフェース上でサーバにアクセスすることは、運用をクラウドに移行するのに役立つ簡単なワンステップのプロセスになります。

また、セキュリティも強化しているので、 Boxilla を介した DKM の使用は多くの安全な環境で Java よりも好まれます。Boxilla は、セキュリティが強化された認証、アクセス制御、アカウント管理を提供します。このシステムのセキュリティインタフェースダッシュボードには、何者かがセキュリティプロファイルを拡散しようとすると、リアルタイムの警告と警報を発動します。

スイッチを作るには?

大規模なシステムでは、デジタル KVM へのフォークリフトアップグレード (ソフトウェアだけでなくハードウェアも含め全てアップグレードすること) を長期的投資とみなさない限り、コストが高くなる可能性があります。より費用対効果の高い他の手段には、既存のシステムに、新しい IP ベースの KVM 技術で「拡張」することです。 小規模なシステムの場合、デジタル KVM に完全にアップグレードすることは多くの場合で実現可能です。現システムへのキャップと拡張やアップグレードを行う方法について詳しくは、以下ホワイトペーパー 「デジタル KVM への移行」 をダウンロードしてください。

もっと知りたい場合は、

ダウンロード: デジタル KVM への移行

デジタル KVM への移行 でわかること

  • デジタル KVM システムの利点
  • 既存の KVM システムを保持しつつ拡張させる方法
  • 物理的、仮想的サーバ間のギャップを埋める方法


Share |