Newsletter
ナビゲーション
  愛媛大学

愛媛大学 教育学部 苅田研究室、
COALESCE™ MPE で共同研究の円滑化を実現

課題・導入の目的

本学の教育学部 苅田研究室では、他大学や地域中核病院と特別支援学級向けの教育補助機器などの共同研究・開発を行っています。従来の遠隔会議では、あらかじめ資料を送付し、その資料を見ながら電話会議を行い、その後資料編集をするながれで進めていたため、情報の同時共有ができず、生産性の高い進行形式と言えるものではありませんでした。

解決方法の検討・決定 / Black Box の提案

本学での導入を進めるにあたり、各メーカーの動画配信用デバイスを比較検討していたところ、既に本学でのファイル共有ソリューション COALESCE™ の導入実績のある、 Black Box より提案された遠隔会議にも応用できる COALESCE™ MPE が以下の点で優れていると判断し、2018 年 6 月より、共同研究の遠隔会議利用のほか、苅田研究室における研究員や学生の資料共有のデバイスとしても、活用しています。



ケーススタディの全内容を読むには、右のフォームに入力してボタンを押してください。



Share |