Newsletter
ナビゲーション
製品カタログ

MediaCento IPX


バイヤーズガイド・製品比較表
MediaCento product

MediaCentoと組み合わせるLANスイッチ: MediaCento IPX マルチキャストに最適なLANスイッチをお選びください。

ビデオ紹介
MediaCento IPX

MediaCento™ IPX PoE マルチキャスト- より速く、より効果的なHDビデオIP延長

 

HDビデオと音声を、LAN経由で最大256台のディスプレイに伝送

MediaCento IPX マルチキャストによる
4K デジタル IP ソリューション

ブラックボックス-HDビデオと音声をEthernet経由で、最大256台のディスプレイまでIP伝送

4K対応 MediaCento IPX

簡単な設定で、マトリクス切替&コントロール

  • USB 2.0 サポート - USB機器互換、タッチスクリーン対応
  • スケーラ内蔵 - 4K以外のビデオソースとの互換性
  • アナログ音声サポート
  • 高画質映像のために改善された圧縮
  • PoE対応 - 外部電源不要

IPネットワーク経由で、HDビデオを
遠隔のディスプレイにマルチキャスト配信

HDビデオをネットワーク端末に配信

既存の LAN を利用して、Black Box の MediaCento™ IPX PoE マルチキャストで HD ビデオ配信できます。

この IP ストリーミングソリューションは、魅力的な価格ながら、HDMI® ビデオ・オーディオを最大200台の TCP/IP ネットワーク上のディスプレイにマルチキャストすることができます。トランスミッタ1台とレシーバ200台があれば実現します。

エクステンダは1接続につき最大100mまで配信でき、リピータやスイッチを追加することで、さらに長い距離のサポートが可能です。延長距離は、ネットワークの範囲内であれば、ほぼ実質無制限になります。

さらに、端から端まで完全にデジタルなので、デジタルコンテンツの劣化リスクはありません。視覚上ロスのない圧縮特性により、距離や台数に限らず、MediaCento IPX PoE マルチキャストは 1080p のビデオを配信します。

MediaCento IPX diagram

さまざまな環境にマッチします

イーサネット上でソースからディスプレイへの HD ビデオ配信をしたいとき、高価な専用接続機器を使う代わりとして、 MediaCento IPX PoE マルチキャストは最適です。

最適な環境

  • 建物・店舗の違う場所・位置にあるスクリーンによるデジタルサイネージ
  • 医療画像や動画を共有する必要がある医療施設・キャンパス
  • 教育施設や大学の教室におけるビデオストリーミング
  • コントロール ルームからのマルチ放送
  • 企業用トレーニングビデオ配信

また、既存のLANを使い、ビデオ延長したい場合にも最適です。

 

ネットワークへの簡単な統合

MediaCento IPX PoE マルチキャストは、既存ネットワークに直接設置できるので、統合が簡単です。

標準仕様イーサネット技術と TCP / IP プロトコルを使用しており、1対1、1対Nで稼働します。レシーバが離れた距離にあるディスプレイに接続可能です。

さらに、IP環境設定も不要で、本体のロータリースイッチを使って、トランスミッタとレシーバを同一チャンネルにセットするだけで、すべてのマルチキャスト環境が自動設定されます。あとはビデオソース、ディスプレイ、ネットワークスイッチに接続して準備は完了です。

MediaCentoと組み合わせるLANスイッチ ブラックボックステクニカルサポート



MediaCento IPX PoE エクステンダを選ぶ6つの理由

  1. 設置・設定が簡単
    ビデオやIP技術の高度な知識は不要です。1080pコンテンツの簡単な送信方法を探しているAV設定担当者やエンドユーザに理想的です。
  2. あらゆるネットワークアーキテクチャに簡単に適応
    この技術は規格イーサネットプロトコルに基づいています。IGMP装備のネットワークスイッチを使用して、LAN上のマルチ放送トラフィックをコントロールするだけです。
  3. 配線費用の節約が可能
    設置済みのものと同じイーサネットネットワーク回線を使用しますので、新しいAVやCATx回線は不要です。このPoEモデルにはロッキングHDMIと電源コネクタが含まれています。
  1. 追加スクリーン接続のための拡張が簡単
    一台の送信機でマルチメディアを数百台のディスプレイに送信することができます。追って送信機をグレードアップする必要もありません。追加スクリーン接続には受信機の追加購入だけでOKです。
  2. リアルタイムビデオ送信
    高画質ビデオを短時間で送信するので、指令アプリケーションやライブプレゼンテーションに理想的です。
  3. 追加ビデオスケーラが不要
    オプションのVRX受信機で、ビデオウォールマトリックス上のビデオを拡張します。追加ハードウェアは不要なので、規格 HDMI / DVI ディスプレイの全機種がビデオウォールに利用できます。

関連製品

Share |