導入事例
ウェビナー
PC延長
お問い合せ


KVX シリーズ
KVM エクステンダ

導入のご相談
製品選定から構成、設置工事など、
お気軽にお問い合せください。

お問い合せ

※ 翌営業日までにご連絡します。


デモ申込み
デモ機を貸出しいたします。

デモ機のお申込み

KVM エクステンダ - PC を遠隔操作するシンプルな方法


KVX シリーズは、複雑な設定無しで物理的な接続をするだけで、簡単に離れた場所から、コンピュータや機械のリモート操作を実現できます。
Black Box では設備の一元操作・監視を実現できるソリューションを長年にわたり提供し、効率良く働ける環境整備のお手伝いをしています。従来の製品と比べ、安価でありながら操作性や利便性が高く、製造業界など多くの企業でご利用いただいています。

目次:

KVMエクステンダ

KVXの特長

製品ポートフォリオ

導入事例

資料


KVXシリーズ KVMエクステンダ


KVM エクステンダとは? PC を離れた場所から操作できる延長機器


構成はシンプル


KVX シリーズは、遠隔にある PC を1台(シングル)または2台(デュアル)のモニタで監視、操作できるエクステンダ。キーボード・マウス・モニタのほか、スピーカーや USB も利用できます。

シングル

シングル

デュアル

デュアル


KVX の特長


各音声やタッチパネルの
延長にも最適

RS232 や USB 接続の
タッチパネルディスプレイを延長

機械側、操作室の両方で
監視・操作が可能

全モデル、ローカル側での映像出力対応
スピーカ、音声出力の延長も可能

ギガスイッチでカスケード可能
(RJ45 モデル)

ギガスイッチを間に入れて
100m 以上の延長が可能
※ 送信機/受信機の 1ペアごとに
スイッチを 1つご利用ください


製品ポートフォリオ


延長したい距離に合わせ、LAN ケーブル用 (RJ45) と光ファイバケーブル用 (SFP) に対し、シングルモニタ版・デュアルモニタ版それぞれ、デジタル映像端子 3 タイプ (DVI-D* / HDMI / DisplayPort) をご用意しています。(* デュアルモニタ版はDVI-Iです。)

<ラインナップ>

トランスミッタ・レシーバ セット - 1 画面対応 (-100) ・2 画面対応 (-200)

KVM エクステンダ KVX シリーズ
品番 映像端子 ネットワーク端子 延長距離 最大解像度 その他仕様
KVXLC-100-R2 / -200 DVI-D/DVI-I RJ45 100 m 1920x1200 @60Hz USB:4ポート
アナログオーディオ
シリアルポート (DB9)
動作温度:0~50℃
電源アダプタ付属:
DC5V 2A
KVXLCF-100-R2 / -200 DVI-D/DVI-I SFP スロット SFP による 1920x1200 @60Hz
KVXLCH-100/-200 HDMI RJ45 100 m 3840x2160 @30Hz
KVXLCHF-100/-200 HDMI SFP スロット SFP による 3840x2160 @30Hz
KVXLCDP-100 / -200 DP RJ45 100 m 3840x2160 @30Hz
KVXLCDPF-100 / -200 DP SFP スロット SFP による 3840x2160 @30Hz
KVXLCHDP-200 DP/HDMI RJ45 100 m 3840x2160 @30Hz
KVXLCHDPF-200 DP/HDMI SFP スロット SFP による 3840x2160 @30Hz

※ アナログ VGA の場合は、KVXLC(F)-100-R2 と KVGA-DVID の組み合わせでご利用ください。


サポート対象 SFP
品番 種別 モード コネクタ 距離 備考
LFP441 二芯 マルチ LC 550 m 850 nm
LFP442 二芯 シングル LC 20 km 1300 nm

※ 光延長の場合には、ケーブル仕様に合わせ、別途ご用意ください。

シングルモニタ版製品例

KVXLC-100

CATx KVM エクステンダ キット
DVI-D / シングルモニタ

製品詳細
KVXLCH-100

CATx KVM エクステンダキット
4K / HDMI / シングルモニタ

製品詳細
KVXLCDP-100

光ファイバKVMエクステンダキット
DisplayPort / シングルモニタ

製品詳細

デュアルモニタ版製品例

KVXLC-200

CATx KVM エクステンダ キット
DVI-I / デュアルモニタ

製品詳細
KVXLCDP-200

CATx KVM エクステンダキット
DisplayPort / デュアルモニタ

製品詳細
KVXLCHDP-200

光ファイバ KVM エクステンダキット
HDMI / DP / デュアルモニタ

製品詳細


■IP対応のKVM(IPKVM)はこちらで紹介しています。

KVXは基本的にローカルとリモートが1対1の構成ですが、N対N構成や拠点外からのリモートアクセスをしたい方は下記のソリューションをご検討ください。


導入事例


①製造業向けリモート監視・操作(クリーンルーム)
- 製造ラインや大型製造機器の状況を、一元的に管理・操作



■ 課題

工場内のクリーンルームでは、人員の出入りによる汚染の懸念がありました。作業者も入場するための着替えや準備で毎回20~30分かかり、さらに移動時間も要していました。また作業者には入退室の為の規則や手順の理解のためのトレーニングが必要です。

■ 解決方法

KVMエクステンダ KVX による遠隔管理を導入。
【構成のポイント】
従来:クリーンルーム内でのラインの機器の監視・管理をタッチモニタで行う。
改善:クリーンルーム内のラインの情報をKVXトランスミッタでコントロールルームへ送信し、コントロールルーム内のレシーバで受信しタッチモニタでラインの監視・管理を行う。

■ 導入の結果

KVXを導入することで、以下のようなメリットが得られました。
・クリーンルームの衛生維持
・着替え・移動時間の削減
・配置人員数、シフト見直し
・情報共有が容易に


導入事例


②製造業向けリモート監視・操作(検査装置)
- 製造ラインの状況を、一元的に監視・操作



■ 課題

工場内の大型の検査機器による検査工程で、今までラインの端に設置されたタッチモニタを使った画面監視を行っていました。
日に何度か、ラインの先まで行き作業をする必要があり、毎回15mから20mの距離を移動して確認し、また持ち場に戻ってモニタを確認していました。

■ 解決方法

KVMエクステンダ KVX による遠隔管理を導入。
【構成のポイント】
従来:ラインの機器の監視・管理をラインの片側のタッチモニタで行う。
改善:ライン監視の情報をKVXトランスミッタでもう片方の端のエリアのレシーバへ送信し、追加で設置したタッチモニタで同時に監視・管理を行う。レシーバにUSB対応ハンディスキャナーを接続し他の作業の実施も可能になった。

■ 導入の結果

KVXを導入することで、以下のようなメリットが得られました。
・作業時の移動時間の短縮
・配置人員数、シフト見直し
・USBデバイス導入で別作業も可能に


導入事例


③製造業向けリモート監視・操作(ライン監視)
- 製造ラインの状況を、一元的に監視・操作



■ 課題

工場内での検査工程において、作業管理者が3カ所あるラインに設置してあるモニターを監視するために、移動を頻繁に行っていました。
敷地が広いので自転車で移動し、運搬車があるなど安全でないところを通る場合もありました。移動にも時間がかかっていました。

■ 解決方法

KVMエクステンダ KVX による遠隔管理を導入。
【構成のポイント】
従来:ラインの機器の監視・管理を3つのラインのモニターの場所まで毎回移動して実施する。
改善:管理室を設け、ライン監視の情報を1か所で行えるようにした。KVXトランスミッタを各ラインの監視用PCに設置し、管理室のレシーバに接続。管理室のモニターをレシーバに接続し、ラインの映像・情報を表示する。

■ 導入の結果

別の建屋に監視室を設け移動をせずに1か所でライン監視を行うことができるようになり、以下のメリットが得られました。
・移動時間の削減
・1か所で集中監視・管理
・配置人員半減・シフト見直しが可能に
・空き時間を別作業に割り当ても可能に

緊急時の対応では、従来現場に駆けつけなければならないところを、監視室内で即時対応ができるようになったことも大きなメリットとなりました。

■ 工場・製造業のその他の事例のご紹介はこちら(動画)


導入事例


④製造業向けリモート操作(PC保護)
- 過酷・劣悪な環境からPCを移動し、機器とデータを保護





■ 課題

工場内で多くのPCを稼働させているが、油や埃によって故障する事態が増えている。
故障すると生産の稼働を止めたり、修理交換の手間・時間を取ってしまう。なんとか改善できないだろうか?

■ 解決方法

PCをマシン室に移動し、KVMエクステンダ KVX により遠隔監視を導入。
【構成のポイント】
従来:油・埃・汚れの多い工場内にPCを設置。
改善:マシン室を設け、PCをそこに移設。工場内の現場とマシン室をKVXで接続し、PCの監視・管理を1か所で行えるようにした。

■ 導入の結果

別の建屋にマシン室を設け、PCの監視・管理が1か所でできるようになり、以下のメリットが得られました。
・PCをクリーンな環境で管理することで故障低減・長寿命化。
・PC故障への対処が削減され、生産工程の中断、点検・修理交換の時間・コストが不要に
・集中管理による効率化


■ 工場・製造業のその他の事例のご紹介はこちら(動画)


資料


KVX概要

■ ウェビナー動画・資料

【タッチモニタの仕組み・活用事例 】
【 KVM エクステンダの仕組み・活用事例 】



・資料

Webinar


■ 製品動画

【KVXLC(シングルモニタ)】
【KVXLC(デュアルモニタ)】

■ 製品チラシ




関連製品


■IP対応のKVM(IPKVM)はこちらで紹介しています。

KVXは基本的にローカルとリモートが1対1の構成ですが、N対N構成や拠点外からのリモートアクセスをしたい方は下記のソリューションをご検討ください。




Share |