Newsletter
ナビゲーション
 
産業におけるシリアル

産業におけるシリアル


RS232、RS422、RS485などのシリアルプロトコルは、まだ産業界で使用されています。昔、購入された多くの装置が、これらのインタフェースで使用されています。新しい装置の購入が望ましくない、または高すぎるからです。イーサネットやシリアルなど、より新しいトポロジーの間の移行のための標準的な装置も沢山ありますが、産業界は特定の環境のニーズに耐える機器を必要としています。


補足

産業用機器は、DINレールに取り付けることができ、電源はDCから直接とることができる必要があります。Black Boxはそのような装置をご用意しています。当社ではこれらを、シリアルインタフェースで実現したいことのカテゴリで分類しています。


  • シリアル トゥ シリアルは、接続の反復、変換、スイッチング、または拡張に。
  • シリアル トゥ IPは、接続をイーサネットのデータストリームに変換。
  • シリアル トゥ ワイヤレスは、接続ケーブルを使わずに送信。

ModbusまたはProfibus

ある装置は、ModbusまたはProfibusのようなプロトコルに対応しています。これらはRS485のような標準的なインターフェースを元にしています。特殊な RS485は、ハーフデュプレックス(半二重)とフルデュプレックス(全二重)、ポイント・トゥー・ポイントとマルチドロップに分割されます。RS485マルチドロップでは、一般的にバスと呼ばれる一連の通信機器を構築できます。このタイプのトポロジーをサポートするには、これらをサポートできる機器を使用することが必要です。


正しく設定されたシステムと装置が不可欠となります。Black Box無料技術サポートが、喜んでお手伝いとサービスを行います。インターフェースが必要なお手元の産業用スイッチングに、汎用的に使用できるシステムが、シリアル・トゥー・シリアルにあるSM500システムです。ドライ接点、イーサネット、ウェブ、およびSNMPで制御可能な、開閉接点です。


さらに詳しく: IPレーティング(Ingress Protection)
 
Share |