Newsletter
ナビゲーション

 
工業環境におけるワイヤレス

工業環境におけるワイヤレス


昨今、産業や製造業の企業でもワイヤレス技術の導入を検討しています。工業環境においても、ワイヤレスは有線と同様に多くのメリットを提供しています。配線の必要性が無いワイヤフリーネットワークの柔軟性でコストを下げると同時に、エネルギーや材料の消費を抑えて生産コストを削減することで、生産性を向上させる一役を担っています。

工業環境に合うよう開発されたワイヤレス製品は、通常のワイヤレス製品とは異なります。重要なのは、スピードに高い信頼性を付加し、頑丈な筐体に収納し、標準化されないことです。

ゆっくり、着実に

産業用アプリケーションでは、信頼性がスピードよりも重要です。通常、送信されるデータは非常に最小限の帯域幅を要するシンプルなセンサや制御データです。

巨大で高価な、時に危険でもあるデバイスに繋がっている制御やセンサと通信するとき、データが確かに伝達されているか確かめたいものです。加えて、産業環境では多くの場合、距離が長かったり、大きなモーターや反射金属面からの干渉があるため、ワイヤレス伝送が難しいため、工業用に構築されたワイヤレスデバイスは、動作はゆっくりではあるものの、非常に信頼性が高い傾向があります。

鋼のようにタフ

産業環境はタフで、振動、粉塵、湿気、極端な温度に電子機器を晒しています。このため、産業用ワイヤレス機器は、通常のオフィス環境用に開発されたデバイスよりもはるかに堅牢な筐体に収納されています。より良いものを見つけるための標準的な機能は、頑丈なスチールケース、耐水性、防塵性と拡張温度範囲です。

各社製品と互換性の問題

産業向けワイヤレス製品市場は、各メーカーがそれぞれ最高だと自負する製品で細分化されているものの、実際基準はありません。このため、互換性がしばしば問題になります。最良の方法は、協働できるブランドやサプライヤを見つけて使い続けることです。

Share |