Newsletter
ナビゲーション
 
熱電対センサー

熱電対センサー


温度測定装置

熱電対は、両端部にのみ接続されている異種金属または合金の2つの導体からなる温度測定装置です。両端部が異なる温度である場合、小さな電圧が両端間の温度差に直接関わりのあるワイヤで生成されます。一方の端部の温度がわかれば、他の端部の温度を決定できます。


ワイヤータイプの選択

熱電対ワイヤまたは拡張グレードワイヤーは、感知または制御計装に熱電対を接続するために使用されます。測定条件により、使用する熱電対ワイヤと絶縁体の種類を決定します。ワイヤータイプを選択する場合、温度範囲、環境、絶縁要件、応答、および耐用年数を考慮する必要があります。


どの熱電対センサータイプを使用すべきか?

異なる熱電対タイプ(例えば、K、T、N、J、等)は、異なる金属の組み合わせにより作られています。JタイプとKタイプの2つの一般的な熱電対ワイヤのタイプがあります。Jタイプは、鉄および鉄とはわずかに異なる銅+ニッケル合金で作られ、Kタイプの熱電対は、ニッケル+クロム正導体とニッケル+アルミニウムの陰導体を有しています。


高温での信頼性と正確性

Kタイプの熱電対は、酸化、不活性または乾燥した還元性雰囲気の中で使用されます。真空への露出は、短時間に限られます。硫黄および限界的な酸化性雰囲気からは、絶対に保護されなければなりません。高温での信頼性と正確性があります。

Share |