Newsletter
ナビゲーション
 
自由空間 光通信

自由空間 光通信


自由空間 光通信の利点

LaserLinks は、データ、音声、映像など、事実上あらゆる種類のデジタル情報を送信することが可能です。従って、幅広い用途で容易に適合します。一般的には、敷地内や町全体に複数の施設があり、ケーブル配線がない、または敷設が不可能な場合に、ワイヤレスの通信リンクの整備のために、LaserLink システムの使用を検討することができます。
ワイヤレスリンク、またはネットワークの整備を検討中で、以下に述べる問題の少なくとも1つが懸念される場合は、LaserLink は正しい選択です。

信頼性
レーザー伝送技術について語る際に最も一般的な懸念点は、霧、雪、雨などです。Black Box のLaserLink システムは、悪天候であってもネットワークを動作させ続けるための特別な技術で構築されています。Black Box LaserLinkは、通常の人間の目が見ることができる2倍の距離をつなぐことができますが、。これは、視界500mの濃霧の際に、Black Box LaserLink は距離1kmでも動作が可能なことを意味します。

ライセンスフリー
ワイヤレスケーブルソリューションをベースとしたレーザー運用のために、周波数ライセンスを取得する必要はありません。

費用対効果
導入には、リース回線費用などがかからないため、定期的な費用が不要で、1回投資するだけですみます。

投資保護
業界標準のネットワークインタフェースと、より高い帯域幅の明確なアップグレードパスにより、お客様の投資を保護します。

干渉を受けない
通信用レーザー光を使用するため、干渉の問題がありません。

高帯域幅
LaserLink データ伝送は、固定された光ファイバの帯域幅と速度に匹敵します。

安全なデータ送信
LaserLink 送信は、このタイプで最も安全な伝送方式の一つです。集中ビームを使用し、物理的に地上よりはるかに高いところに機器を配置することと、通信を検出することができるスペクトラムアナライザのような手段が存在しないことにより、直接傍受が実質的に不可能なためです。

迅速な設置
LaserLink ソリューションの設置は手早くでき、かつ簡単です。すべてのソリューションがプラグ&プレイです。

柔軟性
LaserLink FSO システムは、通達距離によって分類されます。お客様のニーズに合った距離と速度をお選びください。LaserLink システムは、ポイントツーポイント、リングアーキテクチャおよびメッシュシステムを含む、ネットワークアーキテクチャ用に幅広く使用することができます。これらは屋根と屋根のあいだ、窓と窓のあいだ、または窓と屋根のあいだを結ぶように設置することができます。

Share |