Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > Black Box 用語事典 > マルチメディア > マルチシンクとマルチスキャンモニタ
ナビゲーション
 
マルチシンクとマルチスキャンモニタ

マルチシンクとマルチスキャンモニタ


マルチシンクモニタは、検出した同期信号を使用してディスプレイを構成し、映像を映し出します。異なる解像度、異なる同期信号タイプにも対応できるため、さまざまなコンピュータで動作します。マルチスキャンモニタは、使用しているモニタによっては1つのタイプの信号にのみ同期します。


より高い解像度の画像を表示するため、異なる水平スキャンレートを使用

マルチスキャンモニタで使用できる一般的なスキャンレートは、60、72、75、82、83、85Hz です。ほとんどのマルチシンクモニタがマルチスキャン機能を備えていますが、マルチスキャンモニタはマルチシンク機能を備えていません。3種類の同期信号が存在します。

  • 緑の信号内に同期信号(古い Sun®、Mac®、SGI、他のコンピュータで使用)
  • コンポジット同期(一部の Sun、Mac コンピュータで使用)
  • 水平同期と垂直同期を分離(PC や一部の新しい Sun、Mac コンピュータに搭載されている VGA システムで使用)

これらの違いは、さまざまなタイプのビデオ出力を持つ CPU に接続しているときに問題になります。

Share |