Newsletter
ナビゲーション
 
IEEE 488 - 汎用インタフェース

IEEE 488 - 汎用インタフェース


GPIB(汎用インタフェースバス)としても知られるIEEE-488は、センサやプログラム可能な機器をコンピュータに接続するために使用する、パラレルインタフェースのための国際規格です。


IEEE-488ケーブルを接続するにあたっては、いくつかの規則があります。まず、デバイスの総数は15台以下である必要があります。ケーブルの総延長は、2mと接続機器数の積が20m以下でなければなりません。コネクタは3つ以上重ねて接続してはいけません。


Share |