Newsletter
ナビゲーション
 
同軸コネクタ

Coax Connectors


Coax connectors

バヨネット ニール コンセルマン(BNC)コネクタは、最も一般的なコネクタであり、映像機器や 2.4 GHz までの無線周波数(RF)用、10BASE2 イーサネットのネットワーク、ケーブル相互接続、ネットワークカード、および試験装置に広く使用されています。

TNC コネクタは、BNC のスレッド版であり、最大 12GHz まで動作します。携帯電話の RF/ アンテナ用に使用されています。

Nコネクタは、12GHz まで動作する大きなネジ付きコネクタです。2.4GHz アンテナ上で一般的です。

UHF コネクタは、 大きな中心導体バージョンの N コネクタに似ています。最大 200~300MHz に適しています。

F コネクタは、ほとんどの場合テレビやアンテナ用に使用されます。高い周波数でも良好に動作します。

サブミニチュア A(SMA)コネクタは、最も一般的な RF/ マイクロ波コネクタの1つです。12.4GHz まで動作し、18GHz または 24GHz でも動作できることがあります。航空電子工学、レーダー、およびマイクロ波通信に使用されています。

サブミニチュア C(SMC)コネクタは、SMA の、ねじ式小型バージョンです。主に 10GHz までのマイクロ波環境で使用されます。

サブミニチュア B(SMB)コネクタは、SMC の小型バージョンです。スナップ式結合になっています。定格 2~4GHz ですが、最大で 10GHz まで動作できることがあります。

マイクロ同軸(MCX)コネクタは、 SMB に似ていますが、30% 小型です。6GHz までの広帯域用として使用されます。

Share |