Newsletter
ナビゲーション
 

工業環境

電源供給

Power supplies

工業用制御機器への電力供給は、家庭、オフィス、データセンタのネットワーク機器への電力供給よりも、複雑になる傾向があります。工場の電源供給は、 ACは230VAC 単相、400VAC 三相、DCは24VDC、48VDCと様々です。

工業用電力は、三相交流で、送配電網を通した電力伝送により、工場の大型モータや重負荷装置を稼働させます。しかし、ノイズ、電圧変動、スパイクの影響を受けて、しばしば電源品質が低下します。低品質の電源は、工業機器内部の電子部品に障害となり、機器へのダメージやデータロスを引き起こす可能性があります。



種類が多岐にわたるため、工業用監視機器は電源は別売りとなっているか、各種電源からの選択になっています。通常のネットワーク機器と違い、工業用監視機器はデバイスとアプリケーションの両方に適切な電源の選択が必要です。

電源の入力

工業電源供給は、電源グリッドから受給する電気入力と、工業監視機器に供給する電気出力の、両方の種類に適合しなければなりません。

電力入力は一般に230VACの標準ヨーロッパ電力であることが多いですが、 工業用電源ではAC電源が範囲が上下し、またシングルフェーズかトリプルフェーズであることが求められます。DC電源も提供され、24VDCと48VDCを含みます。

多くの産業用電源は、一般的に85~264VACと120~370VDCの広い範囲で電力を受け入れる汎用入力を備えています。これにより多くの異なる電源元に対応可能となり、電気入力の大きな変動に耐え、安定した信頼性の高い電気出力を供給する復元力を、電源元に提供します。

  Electrician in Industrial Environments

出力

出力側では、工業用電気は通常12VDC、24VDC、48VDCの電力をデバイス側へ供給します。北米とヨーロッパの工業監視機器は24VDCの電力を使用します。

工業電源は、スクリュー型あるいはスプリングクランプ型ターミナルブロックを電力の接続に使用します。

詳しくは、こちらまでお問い合わせください。





製造・工業向けソリューション

Share |