Remote-Working-Solution
Newsletter
ホーム > ソリューション > 産業別 > 工業・製造業 > 生産拠点のワイヤレス化
ナビゲーション
 

工業・製造業

生産拠点のワイヤレス化

Wireless in an industrial setting

工業や製造業の現場も、ワイヤレス技術を活用し始めています。生産拠点におけるワイヤレス化は、ケーブル配線/工事が不要になりコストを削減、ワイヤフリーのネットワークによる柔軟性の向上など、多くのメリットをもたらします。ワイヤレスはエネルギー消費と製造コストの削減につながり、生産性の向上させることができます。産業用のワイヤレス製品は、速度よりも信頼性を重視していること、頑丈な筐体に収められていること、標準化されていないことなど、一般的なワイヤレス製品とは重要な点で異なります。

ゆっくりと着実に

産業用途では、速度よりも信頼性が重要です。伝送されるデータは通常、シンプルなセンサや制御データであり、必要な帯域幅は非常に限られています。

Wireless in an industrial setting

しかしながら、産業用途では信頼性も大変重要です。非常に大型で高価な装置や危険な装置にセンサーや制御装置を接続して通信を行う場合、データを確実に通過させたいと考えるからです。

 

さらに、生産現場では、通信が長距離になることや、大型モータや反射する金属表面からの電波干渉があるため、ワイヤレス通信が困難な場合が多くあります。このため、産業用のワイヤレス機器は、非常に低速で、信頼性の高いものになる傾向があります。

釘のように丈夫

産業環境は、電子機器が振動、ほこり、湿気、極端な温度にさらされる過酷な環境です。このため、産業用ワイヤレス機器は、通常オフィス用よりもはるかに堅牢な筐体に納められています。標準的な特徴は、頑丈なスチールケース、耐水性、耐塵性、拡張温度範囲などが挙げられます。






なぜワイヤレスなのか?

  • ワイヤレスは、過酷な気候やケーブルを敷設するのに費用がかかる地域での通信に最適です。軍事用途、農業、精錬所、鉱業、建設、フィールド調査などでの使用に適しています
  • 歴史的建造物や危険区域のように、電線を敷設できない場合にも適応します。
  • 従来の有線 RS-232 通信をサポートすることが物理的または法的に不可能な場合の代替となります。
  • 展示会での一時的な接続や、トラブルシューティングや遠隔地でのフィールドテストなど、迅速な再構成が可能です。
  • 災害時、障害が発生しても、信頼性の高い災害対策となります。災害時にミッションクリティカルなリンクを維持するのに、ワイヤレスネットワークが役立ちます。
  • これまで以上に手頃な価格で、信頼性が高く、高速です。


工業・製造業向けソリューション

Share |