Newsletter
ナビゲーション
 
SCSI Ultra2 と LVD(定電圧差動)

SCSI Ultra2 と LVD (定電圧差動)


スモール コンピュータ システム インタフェース(SCSI)は スカジー と呼ばれ、コンピュータと高速の周辺機器を接続する主な技術として1980年代から利用されてきました。SCSI技術は、高まる帯域幅のニーズに応えて常に進化しています。最近の進歩の1つはUltra2 SCSIです。


下位互換

Ultra2 SCSI には下位互換性があるため、すべての従来型の機器と動作します。Ultra2は、バスの可能なバンド幅を40Mbpsから80Mbpsへと2倍に増やします。同様に重要なのは、Ultra2は複数デバイス構成で、最高12m(39.3フィート)の距離をサポートします。Ultra2は、低電圧差動(LVD)技術を使用してデータを送信し、エラーは少なく、速度も高速です。Ultra2とLVDを混同しないでください。Ultra2は、データ転送方法、LVDはデータを転送するための信号技術です。


LVD ケーブル

Ultra2 SCSIの長所を活用するシステムを設計したりアップグレードしたりする際には、ケーブルが大変重要となります。ケーブルとコネクタは、高品質で、評判の良いメーカの製品を使用し、混線を防止し、信号の放出を最小限に食い止めなければなりません。BLACK BOX® Ultra2 LVDケーブルは、最高品質の部品で作られており、システムを最大限保護し、可能な限り最高のデータ送信速度を実現します。


Share |