Newsletter
ナビゲーション
 
光ファイバ フェルール スリーブ

光ファイバ フェルール スリーブ

光ファイバ アダプタ内で、内部フェルール スリーブは所定の位置にファイバを保持し、その対と共に1つのファイバ フェルールのフィラメントを整列させます。フェルール スリーブは、全アダプタのコストの約80%を占めており、光ファイバ アダプタ内において最も高価な製造部品です。

フェルール アライメント スリーブは、光ファイバ接続過程で最も重要な部分です。これらは、1本のケーブルのフェルールと他のケーブルのフェルール インタフェースとの間のブリッジを提供します。フェルール スリーブとその穴の精度が、光信号伝送に影響を与える、光ファイバの正確な位置合わせを決定します。

光ファイバ アダプタは、一般的にセラミックまたは金属のフェルール スリーブで作られています。一部のアダプタは、これらの材料を組み合わせたフェルール スリーブを備えています。

セラミック フェルール スリーブは、より正確に成形されていて、ファイバ フェルールにぴったりフィットします。この精密な成形により、光ファイバ 接続の光損失が低減されます。原則としてセラミック フェルール スリーブは、安全性の高いネットワーク内で実行されているバックボーンなどの重要なネットワーク接続、または配線用ボックスなどの頻繁に変更される接続に使用されます。セラミック フェルール スリーブは、シングルモード ケーブル接続に最適とされています。

銅フェルールのような金属製のフェルール スリーブは、セラミック スリーブより耐久性がありますが、セラミック フェルール スリーブほど精密な位置合わせは実現できない場合があります。金属フェルール スリーブを介して、正確な穴を穿孔することは困難なことがあり、そのため光ファイバ の位置合わせの正確さが劣るおそれがあります。ジュエル ウォッチ式センタリングを使用することで、位置合わせを向上させることができます。しかし、概して金属フェルール スリーブは絶対的な位置合わせが求められていない、マルチモード ファイバ アプリケーションに適しています。
Share |