Remote Working Solution
Newsletter
ナビゲーション
 
AV over IP 配信|Black Box 用語辞典

AV over IP によるオーディオ/ビデオ配信

IP 配信技術は、トランスミッタとレシーバで TCP/IP ネットワーク(LAN や WAN など)を介して信号を延長します。コーデックと組み合わせて使用する場合は、IP ストリーマと呼ばれています。AV over IP 機器を検討するときは、小規模なストリーミング動画配信用の民生品ではなく、マルチキャストストリームが可能な業務用製品かを確認することをお勧めします。

上図にあるような高性能エクステンダは CATx 配線インフラを使用しますが、ネットワーク化されていない標準 CATx エクステンダと違い、アクティブなイーサネットネットワーク上でデータをマルチキャストします。メディアストリームをパケット化して IP ネットワーク経由で配信するので、イーサネット配線があればどこでもコンテンツを配信することができます。
既存の IP ネットワーク接続でマルチメディアコンテンツを配信できるため、バックルームからオフィスの受付や公共エリアのデジタルサイネージへ専用回線の設営にコストをかけずに設置できるうえ、映像は干渉や画像の歪み、解像度の低下の影響をほぼ受けません。

圧縮により、さらに長時間にわたって信号を流すことが可能になりますが、圧縮で映像品質は低下しません。圧縮には損失の有無がありますが、ここで説明している IP ベースの拡張方式では、視覚的にロスレスな圧縮をアルゴリズムで利用しているため、フルHD ビデオを LAN 上で視覚的に品質を損なうことなく伝送できます。

また、待ち時間がないよう映像と音声を同期してシミュレーションしたり、QoS 優先順位付けや帯域幅管理の制御、また双方向のシリアル信号を使用してリモートディスプレイにアクセスし、機器をシャットダウンして電源を入れなおしたり、パフォーマンスデータを収集したりすることも可能です。またシステムによっては、インタラクティブなタッチスクリーンで使用する双方向シリアル接続をサポートしていることもあります。

加えて、既存のネットワーク標準に対応している機種としていない機種があるため、この点は配信距離をさらに延長したい場合に重要になります。イーサネット標準対応の場合は、ネットワーキングスイッチを介し、イーサネット標準仕様の 100m よりもさらに映像を延長することができます。

イーサネット規格をサポートしている場合は、ネットワークスイッチを介してビデオを拡張して、イーサネット規格で指定された 100m のケーブル距離を超える長距離伝送が可能です。

IP ベースのエクステンダは標準化されたイーサネットプロトコルに基づいているため、メディアコンバータを使用してファイバケーブルで数km の距離を伝送することもできます。さらにエクステンダは、端から端までデジタル信号を伝送するため、デジタルコンテンツが損なわれることはありません。

既存の規格に準拠しているため、リモートスクリーンに必要な数だけレシーバを接続し、IGMP スヌーピング機能を備えた標準的なギガビットネットワークスイッチを使用してトラフィックを制御するだけで設置や拡張も簡単です。IGMP はマルチキャストにおいて非常に重要で、IP スイッチがマルチキャストデータをすべてのポートに渡すのを防ぎ、パフォーマンスの低下やネットワーク帯域幅の浪費を防ぎます。IGMP をサポートしているスイッチは、IP ネットワーク上のどのデバイスがマルチキャストパケットを受信するか、またどれが受信しないかを「認識」することができます。そうしないと、ネットワーク上のすべてのエンドデバイスにトラフィックが配信され、トラフィックが停止する可能性があるからです。

マルチキャスティングは映像だけではありません。映像信号と周辺機器信号の両方の延長と共有(KVM 延長)にも利用できます。このタイプのエクステンダは、キーボード/マウスエミュレーションと他の標準 HID デバイスのエミュレーションに対応し、シングル、デュアル、クワッドヘッドコンピュータから簡単にアクセスできます。単一のワークステーションから複数のグラフィックヘッドを同時に切替える必要がある用途に最適です。 たとえば制御室では、ビデオウォール内の LCD に接続されたレシーバに映像とデータをマルチキャストできます。 ユーザは、別のキーボード・マウス・デジタルディスプレイを使用して、裏のコンピュータと通信することができます。

Black Box のソリューション
Share |