Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > 最新データ通信用語事典 > LANケーブル > シールドケーブル vs 非シールドケーブル
ナビゲーション
 
シールドケーブル vs 非シールドケーブル

シールドケーブル vs 非シールドケーブル


ケーブルをシールド付きにすべきか、または非シールドにすべきかの判断は環境によります。 静かなオフィス環境、忙しい小売店、および個別のワークショップなどの、全てにおいて、それぞれ異なるレベルのシールドが必要となります。

Shielded Cable

PVCジャケット、フォイルブレード、アルミシールド付きシールドケーブルおよび個別のシールドコンダクタ 



Unshielded Cable
PVCジャケット付き非シールドケーブル


シールド

シールドは、電磁漏れや干渉からケーブルの配線を保護する、外回りの保護シースです。この電磁波(EMI)の活性は、一般に雑音と呼ばれます。職場でのEMIの発生源は、リフトモータ、蛍光灯、発電機、コンプレッサー、エアコン、およびコピー機などです。


フォイルシールドと銅シールド

ノイズの多いエリア(EMIが高いエリア)でデータを保護するには、シールドケーブルを選択してください。フォイルは最も基本的なケーブルシールドですが、より強力な保護を提供するものとして、銅ブレイドシールドがあります。

忙しいオフィスや小売店の環境ではフォイルシールドケーブルを使用してください。産業環境では銅ブレイドシールドを選択することもできます。静かなオフィス環境では非シールドケーブルを選択してください。


Metal Hood

メタルフード

Plastic hood
プラスチックフード
プラスチックフードとメタルフード

フード(コネクタを収容し、ピニングをカバーする保護筐体)は、メタルまたはプラスチックのいずれかがあります。メタルフードは、コネクタシェル上の終端点で電磁干渉(EMI)および無線周波数干渉(RFI)から保護してくれます。

一般的に、シールドケーブルを使用する場合はメタルフードを使用し、非シールドケーブルの場合はプラスチックフードを使用する必要があります。



 




さらに詳しく: シールドイーサネットケーブル.

 
Share |