Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > 最新データ通信用語事典 > ケーブル > ケーブル III > 銅パッチケーブル用ライトインジェクタ
ナビゲーション
 
銅パッチケーブル用ライトインジェクタ

銅パッチケーブル用ライトインジェクタ


混雑しているケーブルキャビネット内のパッチケーブルをリルートしたり変更したりする場合、両端をしっかり特定しない限り、正しいケーブルを選んだかどうか100%確信が持てないはずです。間違ったケーブルを切断すると、セキュリティや重要なプロセスを破壊し、御社に予測不能のダウンタイムをもたらすかもしれません。


これらの欠点の解決策として、ブラックボックスは2本の埋め込み型プラスチック光ファイバを備えた、一連のパッチコード(特許取得済)を導入しています。ケーブルを抜く必要がなく、一方の端部のRJ-45プラグ上にライトインジェクタを置くだけで、反対側の端部は、100%フェイルセーフ識別で点灯します。



さらに詳しく: ソリッドパッチケーブル vs ストランドパッチケーブル

Share |