Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > Black Box 用語事典 > LAN > マネージド/アンマネージド/ウェブスマート スイッチの違い
ナビゲーション
 
マネージド スイッチ、アンマネージド スイッチ、ウェブスマート スイッチの違い

マネージド / アンマネージド /
ウェブスマート スイッチの違い

Black Box Explains

マネージ(管理)機能に関して、アンマネージド スイッチマネージド スイッチウェブスマートスイッチの3つのスイッチに区別できます。
ネットワークの規模と、ネットワーク上でどの程度の管理が必要なのかによって、スイッチが決まります。

マネージド スイッチは、スイッチの動作変更と管理が可能です。これは問題の診断時、ネットワーク上でのマルチキャスト トラフィックの発生時、ダウンタイムによる被害を受けている時に、特に効果的です。マネージド スイッチを使用するメリットについては、benefits to using managed switches(英語ページ) でさらに詳しく説明しています。アンマネージド スイッチは手頃な価格の解決法ですが、上記のような機能は搭載されておらず、インタフェースも動作を変更するオプションもなく、プラグ&プレイで動きます。

用途に応じて、適切なスイッチを選択することも重要です。例えば産業用イーサネット スイッチは、厳しい屋外環境でも事故が許されず、万全であることが要求されるネットワークに必要な、高い信頼性を確保できます

しかしスイッチの決定には、ネットワークにおけるスイッチが、どういう役割を担っているのかを理解することも重要です。スイッチ(スイッチングハブとも呼ばれる)は、ローカルエリア ネットワーク上の複数の機器へデータの受信・処理・転送のため、パケットスイッチングをする高速機器です。LAN スイッチは、OSI モデルのデータリンク レイヤ(レイヤ2)かネットワークレイヤで動作するため、スパニング ツリー プロトコル(STP)、マルチ スパニング ツリー プロトコル(MSTP)、高速スパニングツリー プロトコル(RSTP)、リンク アグリゲーション、マルチプル MAC レジストレーション プロトコルなどの、すべてのタイプのパケット
プロトコルに対応できます。

スイッチの種類

1 - マネージド イーサネット スイッチ

マネージド スイッチは、データサブセットの帯域幅に優先順位を与える QoS(サービス品質)提供のため冗長性を重視しており、IP データがスムーズに到着するように帯域幅を割り当てることができます。これにより、センサデータを最少のバンド幅で、中断することなく取得できます。マネージド スイッチは、内蔵されたエージェントで SNMP(シンプル ネットワーク マネージメント プロトコル)に対応し、シリアルコンソール、Telnet、Secure Shell 経由でアクセスできるコマンド ライン インタフェース(CLI)を備えています。これらのスイッチはグループとして構成と管理ができます。マネージド スイッチは、代替ケーブル配線が可能になり、通常ネットワークの誤動作の原因となる、ループ状況を防止する RSTP(高速スパニング ツリー プロトコル)のようなプロトコルも追加できます。マネージド スイッチには、予期しないダウンタイムを削減する冗長機能があります。マネージド スイッチは、VLAN、LACP のような強力な機能と、信頼性の高い高速ネットワークを簡単に優先順位付け、パーティション化、編成するために必要な高度なフィルタ、マルチキャスト アルゴリズムも持っています。マネージド スイッチを購入するメリットは、後から設定を変更したくなった時にもネットワークの要求に合わせて変更し、VLAN を開始できることです。

マネージド スイッチの必要な場面

マネージド スイッチは、ミリ秒の応答時間を必要とするユーザを対象としています。特に、リモートで安全にネットワーク管理とトラブルシュートをする必要のある組織に適しており、ネットワーク管理者は最適なネットワーク性能と信頼性を確保できます。

マネージド スイッチは、トラフィック監視と制御の必要があるネットワークや、ネットワークセグメントで使用すべきです。マネージド ネットワーク スイッチで、データ、帯域幅、トラフィックを完全に制御します。一部のスイッチには SFP スロットが装備されているので、柔軟にネットワーク拡張できます。マルチレート SFP スロットを使用するメリットは、マルチモードでもシングルモードでも、要望に合わせて 100Mbps と 1Gbps の SFP モジュールを一緒に使用できることです。環境や条件が変わる場合にも SFP モジュールの入れ替えで済み、スイッチへの投資はせずに済みます。

Resilient Ring Topologies

復元可能なリングトポロジには、プライマリ リンクに障害が発生した場合の高速フェイルオーバ機能があります。

マネージド イーサネット スイッチの潜在的アプリケーション

    交通 - インテリジェント交通システム (ITS)

    • 都市圏の交通を集中管理するシステム
    • 長距離と広帯域幅が要求される、都市圏に分散された複数のノードを備えたイーサネット スイッチを使用するギガビット光ファイバ ネットワーク

    事故が許されず、万全であることが要求される設定 - 監視と制御

    • コントロールセンタにイーサネットを介して接続されたアラームセンサとの確実な信号交換
    • 既存のファイバ ネットワークを利用することで、追加の配線工事無しで入出力信号を転送

2 - アンマネージド イーサネット スイッチ

アンマネージド スイッチは、リモート設定、管理、監視オプションなどが無い基本的なプラグ&プレイ スイッチですが、LED 表示機とディップスイッチを使用してローカルで監視と設定ができます。これらの安価なスイッチは、通常、小規模なネットワークか、一時的なワークグループを大規模なネットワークに追加するために使用されます。

アンマネージド スイッチは、複雑な設定を必要としないプラグ&プレイ機器です。これらのスイッチを使用すると、イーサネット機器が相互(PC やネットワークプリンタなど)に通信してネットワークへの接続ができ、必要な場所に情報を送ります。構成は固定されていて変更できないので、パケットの優先順位を付ける必要はありません。デスクトップでもラックに取り付けることもでき、スイッチング要求に対する安価な選択肢です。

産業用において1つの大きな欠点は、IGMP をサポートしておらず、ブロードキャスト トラフィックと同じ方法でマルチキャスト トラフィックを処理することです。制御不能になると、ブロードキャスト ストーム(一瞬のうちにその帯域がブロードキャストで埋まってしまい、通常の通信ができなくなる状態)になりネットワークを圧倒します。プロトコルのイーサネット/IP がマルチキャスト トラフィックに大きく依存するため、この機能は産業用ネットワークでは特に重要です。

アンマネージド スイッチの必要な場面

アンマネージド スイッチは、ほとんどの場合、メインネットワークから派生したネットワークに繋がる機器か、ほんのわずかなコンポーネントを持つ小さなネットワークに接続するために使用されます。ワイヤレス アクセスポイントや IP をもとにした監視カメラのインストールを簡素化したい、業務用ネットワークに適しています。また、家庭用・SOHO・中小企業向け・大規模なネットワークに、一時的なワークグループを追加したい場合にも適しています。

マネージド スイッチをアンマネージド スイッチとして設定できる?

マネージド スイッチは、アンマネージド スイッチのようにそのまま使用できます。設定がなされていない「オープンモード」でマネージド スイッチを動作させると、すべてのポートがデフォルト VLAN のメンバであるように設定されます。マネージド スイッチ購入のメリットは、後で設定を変更したい場合でも、希望のネットワーク要求にあわせて設定を修正し VLAN を開始できることです。

アンマネージド イーサネット スイッチの潜在的アプリケーション

    海運業 - 自動化と監視

    • ファイバを備えたイーサネット環境で信頼性の高いリモート監視機能を提供し、サービスコールを削減
    • いつでも・どこからでもリモートアクセス・制御・監視可能

    エネルギ - 自動化と監視

    • 大規模な工場への長距離データ転送を完備することで、マシン間や中央コントロールルームとの間の高速データ転送を容易に実現
    • 広大な敷地に広がる風力発電ネットワーク用に、長距離ファイバ伝送を提供

alpha ring redundant protocol

3 - ウェブスマート スイッチ

スマート スイッチやウェブマネージド スイッチとも呼ばれるウェブスマート スイッチは、管理が必要な中規模ネットワークにとって一般的な選択です。これらは、内蔵ウェブ ブラウザを介した簡単なウェブ インタフェースでポート モニタリング、リンク アグリゲーション、VPN などのスイッチ管理機能にアクセスできます。一般的に SNMP 管理機能や CLI がないので、ウェブスマート スイッチは通常、グループではなく個別に管理する必要があります。

ウェブスマート スイッチに見られる管理機能は、完全なマネージド スイッチと比べると広範ではありません。しかしウェブスマート スイッチもだんだん有能になり、現在ではマネージド スイッチの多くの機能を持つようになりました。

産業用イーサネットスイッチ

産業用では、特定の要求に合わせてスイッチを用意する必要があります。産業用スイッチは、変電所におけるエネルギの分配や屋外セキュリティカメラの監視と制御など、多くの用途や様々なネットワーク接続のため特別に設計されています。

産業用イーサネット スイッチは、産業環境や企業間の業務用ネットワーク接続に使用されます。産業用に作られたこれらのスイッチは、ミッションクリティカルな用途を対象としており、工場のフロアから交通規制に至るまでの多くの環境で過酷な温度や厳しい条件に耐えられるように設計されています。要求の厳しい設定では、産業用マネージドスイッチの特性を VLAN モードに設定する機能が有効です。これにより、作業部門(例 IT / 輸送)ごとに機器をグループ化し、グループ間のトラフィックを分離し、正確な割り当てが行われた場所に遅延なくトラフィックを流し、ネットワークのセキュリティレベルを高めることができます。

black box ethernet industrial switches

いつ、どこで使うのですか?

産業用スイッチは、極端な温度(-40~+85℃)、振動、ショックに耐えるように特別に設計されているため、費用対効果の高い信頼性の高い安全なネットワークが実現します。これらのスイッチは、ネットワークの特定のポイントに障害が発生した場合に、ネットワークにデータ用の新しいルートを確保します。冗長性を使用することで、ネットワークは中断することなく迅速に通信を維持することができます。

産業用スイッチ特性

取付オプション DINレール、パネル
環境 工場、石油/ガス田、軍用車両/船舶、HVAC制御、
セキュリティ、探査など厳しい環境
動作温度 拡張済み
冷却 限られた吸気口による対流
電源 安全のためのパネル内部に DC 入力
梱包 強い衝撃と振動に耐えるように設計済み

産業用スイッチは、次のような要求の用途に特に適しています。

  • 信頼性の高い高速ネットワークの優先順位付け、パーティション化、編成
  • 工場フロアにビデオやその他企業情報を提供
  • 品質、信頼性、安全性を犠牲にすることなく、分散制御システムを最大利用
  • スループット(単位時間内に処理する事が出来る能力)を大幅向上、応答時間を短縮;標準的な産業用として設計されたパイプライン内のデータと混在しているビデオや音声のような時間に敏感な用途でも複雑なセットアップを必要とせず応答時間を短縮
  • 追加料金なしでネットワークの安全性を強化するためサイバーセキュリティ機能を提供
  • アンマネージド イーサネット スイッチから産業用マネージド イーサネット スイッチへの簡単な切り替えでダウンタイムを削減

産業用では、厳しい環境における Po(パワーオーバ イーサネット:イーサネットの通信ケーブルを利用して電力供給をする技術)の重要性を強調することが重要です。 PoE スイッチは、限られた場所にしかない AC コンセントの制限をうけず遠隔地の機器に電力を供給することができ、配電とバックアップ電源を集中管理できます。PoE スイッチは、様々な設定で機器に電力を供給します。セキュリティ監視用、 VoIP 電話、 IP カメラのトラフィックや WiFi アクセスポイントのトラフィック中継、ファイバを使用して屋外、流通倉庫、映像ディスプレイ付き自動販売機、スマートサイン、販売情報システム等です。要するに、 PoE スイッチは、手の届きにくい屋外や遠隔地での機器の使用を簡素化し、アクセスポイント(AP)当たり700ユーロ~1500ユーロを節約することができます。

ニュースレター

Newsletter Icon ネットワーキングに関する
Black Box の最新情報をお送りします
ニュースレターの購読

関連製品

 
Share |