Newsletter
ナビゲーション
 
DisplayPort

DisplayPort


DisplayPortはコンピュータをディスプレイや高精細テレビと接続する際に用いるのが主な用途であり、今日生産されるコンピュータチップの多くに組み込まれています。これは、A/Vストリームを送信する一方向性メインリンク、プラグアンドプレイのためのハーフデュプレックス(半二重)双方向AUX CH、およびホットプラグ検出(HPD)で構成されています。これは直接HDMIと競合しますが、DisplayPortは使用料が発生しないオープン規格で、DVIや、いずれアナログVGAすらも、取って代わると期待されています。


DisplayPort connector image

10.8Gbpsのデータ

DisplayPort v1.1は、2mのケーブルで10.8Gbpsまで、v1.2は21.6Gbpsまでをサポートします。DisplayPort v1.2はまた、1本の出力ケーブルで最高4台までのモニタをデイジーチェインで接続することができます。また、将来は USBハブの様に機能するDisplayPortハブの実現が期待されています。


DVI コネクタ

DisplayPortはUSBコネクタとほぼ同じサイズで、単一のチャンネルDVIコネクタと同じ数の接続を使用しますが、しっかりと固定されます。必要であれば、コネクタの上部にあるクイックリリースボタンで、ケーブルから簡単に外すことができます。


変化は接続だけにとどまらない

DisplayPortは、パソコンとそれに関連するモニタ間の接続に変化をもたらしていますが、それだけではありません。DisplayPortによって、ラップトップ、ディスプレイ、テレビの内部では一般的な低電圧差動信号(LVDS)も変わるため、それらの機器の設計は簡素化されます。


すべての種類のディスプレイをサポート

DisplayPortは、従来のCRTモニター、TFT LCDパネル、プラズマ、およびLCDディスプレイなど、すべての種類のディスプレイをサポートします。DisplayPortアダプターを使用すれば、DVI、VGA、HDMIと直接接続することもできます。


外観l

物理的にコンパクトなDisplayPortコネクタは、サイズも外見もHDMIとほぼ同じです。異なるのは、HDMIに角度のある角が2つあるのに対して、こちらは1つです。外部コネクタは20ピンであり、内部接続向けは32ピンあります。


性能

DisplayPortは、ケーブル全長3mで最高の解像度を発揮し、最長15mまでサポートします。双方向性シグナリングにより、DisplayPortは、接続している機器間で、データの送信も受信もできます。適切なアダプタを使用すれば、DisplayPortケーブルはDVI信号やHDMI信号を送信することができますが、これとは逆に、DVIケーブルやHDMIケーブルはDisplayPortを送信することはできません。DisplayPortは接続した機器に配電できるので、DisplayPortからHDMIやDVIへ繋ぐアダプタは、別途電源を供給する必要はありません。


さらに詳しく: DisplayPort v1.2 - 最も汎用的で革新的なディスプレイインタフェース

 
Share |