Remote-Working-Solution
Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > Black Box 用語事典 > USB > USB ケーブルを延長する方法
ナビゲーション
 
USB ケーブルを延長する方法

USB ケーブルを延長する方法

Black Box Explains

USB ケーブルの延長方法は、用途と延長距離によって異なります。標準的な USB ケーブルの制限距離は約 5m ですが、ハードウェアを使用して長く延ばすこともできます。延長ケーブル、エクステンダ、コンバータ、ハブは、USB ケーブルの距離延長に役立ちます。

延長ケーブルで延長する方法

USB ポート延長ケーブルは、短い距離を延長する簡単な方法で、延長距離はケーブルの長さや使用するケーブルタイプによって異なります。通常、15m 程度の機器延長に適していますが、長距離の場合、安価な方法もあります。延長ケーブルを使用するときは、標準 USB ケーブルの一方のオス端子を延長ケーブルのメス端子に接続し、その延長ケーブルのオス端子を延長先の機器に接続します。USB 延長ケーブルは、用途に応じて複数の USB ポートに対応しています。

エクステンダで延長する方法

USB エクステンダは、キーボード、マウス、タッチディスプレイ、ゲームコントローラといった周辺機器の接続距離を大幅に延長します。シングルモードやマルチモードファイバ同様、LAN ケーブルでも使用でき、85 ~ 100m で使えるものや、機器やケーブルの性能に依存するものの、 500m や 10km まで延ばせるものもあります。

USB エクステンダを使用するには、トランスミッタを機器の USB ポートに接続し、LAN ケーブルか光ファイバケーブルの端子をトランスミッタのもう一方の端子に接続します。周辺機器とエクステンダのレシーバとの接続には、標準の USB ケーブルを使用してください。そして、LAN ケーブルか光ファイバケーブルのもう一方の端子を、レシーバの変換ポートに差し込みます。

 

 

コンバータで延長する方法

USB コンバータは、USB の距離を 5m 以上延長し、USB 機器をネットワークに接続するために使います。コンバータには、LAN ケーブル互換用と光ファイバケーブル互換用があり、その延長距離は USB ケーブルと選択した LAN ケーブルや光ファイバケーブルによって異なります。

USB コンバータを使用するには、標準 USB ケーブルの端子をコンバータの USB ポートに接続し、次に LAN ケーブルか光ファイバケーブルを、コンバータの対応するポートに接続します。LAN ケーブルか光ファイバケーブルのもう一方の端子をネットワーク機器のポートに接続します。

ハブで延長する方法

USB ハブは伝送距離を延長し、複数の周辺機器を USB ポート1つに集約して接続することができます。USB 機器をハブのポートに差し込むだけでよく、USB ケーブルでハブをコンピュータに接続します。

 

 
Share |