導入事例
ウェビナー
お問い合せ
メール配信登録
Black Box 日本法人 ホーム > リソース > テクニカルリソース > Black Box ウェビナー > クロマサブサンプリングによる映像 データ量削減と AV over IP リアルタイム映像配信(2020/12/8)
ナビゲーション
 

Pro AV ウェビナー
 

MCX AV over IP による最高品質の映像配信

ウェビナー内容:
「クロマサブサンプリングによる映像
データ量削減と AV over IP リアルタイム映像配信」

本ウェビナーでは、前回の映像データの圧縮と遅延に続き、クロマサブサンプリングによる映像データ圧縮について、IP で遅延無くリアルタイム映像配信を実現する MCX エンコーダ・デコーダの実機を用いた遅延テストから解説します。

近年、放送や制作業界以外の産業でも、高画質映像で事象を把握し、迅速な対応で、業務改善や顧客サポートに活かすといった利用が増えてきました。その高精細映像を IP ネットワークに統合することで、最適な映像配信システムを従来よりも低コストで構築し、さらに運用効率や保守性を高めることが可能になります。

本ウェビナーでは eスポーツやコンサートなどの会場内設備に最適な「無遅延 4K 高画質映像ライブ配信」を実現する最新テクノロジとともに、従来と比較しても安価でかつシンプルに構築できる理由を説明しながら、弊社製品で実現できる構成や利用例を紹介します。

Webinar

右のフォームを送信して、本資料のダウンロードに進んでください。➡

- ダウンロードフォーム -

紹介製品:

Next-Generation AV over IP

MCX™

MCX は、ゼロレイテンシ、瞬時の切替、帯域幅効率、高品質のビデオとオーディオ配信、すべてを エンコーダとデコーダの 1 組で実現します。

SDVoE と 10 ギガ イーサネットを採用、映像・音声・制御データを同じ IP ネットワークでまとめて取り扱うことが可能になり、高度なチップセットテクノロジ、共通制御 API および相互運用性で、システムの拡張性を高め、ネットワーク管理にかかる時間やコストの大幅に削減します。



Share |