導入事例
ウェビナー
お問い合せ
メール配信登録
Black Box 日本法人 ホーム > リソース > 技術資料・製品資料 > 導入事例 > 森村学園 / SDN対応 L3 スイッチと 無線 LAN でセキュリティを強化
ナビゲーション
 

森村学園、EXTREME NETWORKS の
SDN 対応 L3 スイッチと
無線 LAN システムを導入し、セキュリティを強化

顧客:
学校法人 森村学園
理事長 松本 茂 様

Logo

地域: 日本 神奈川県

産業: 教育

採用製品:
EXTREME NETWORKS 社スイッチ

BLACK BOX LGB5028A / LBP2910A


事例へのご質問
導入製品や構成など
お気軽に
お問い合せください。

お問い合せ

背景

学校法人 森村学園は、創立 100 周年を迎える、横浜市緑区長津田町の緑豊かな地で、幼稚園、初等部、中等部・高等部を併設する、児童・生徒数2000名を超える私立学校です。建学の精神である「独立自営」、校訓である「正直・親切・勤勉」のもと、多くの人材を輩出しています。

昨今全国で推進している GIGA スクール構想の実現に伴い、教育現場でますます加速する授業のデジタル化に対応すべく、ネットワークシステムの更新を検討していました。

課題

  • タブレットや PC を利用した授業に対応するため、ネットワークの帯域を確保したい
  • 将来の BYOD (Bring Your Own Device) 化も視野に入れた、学園内ネットワークアクセスのセキュリティ強化のため、校務系ネットワークと授業系ネットワークを同じネットワーク機器上で分離運用できるようにしたい
  • 導入後の保守・メンテナンス等のランニングコストを、極力削減したい。特に、導入後の設定変更などのネットワーク管理は可能な限り、自校担当者で運用したい

ソリューション

  • Extreme Networks 社の SDN (Software Define Network) L3 スイッチの導入で、設定変更などの運用管理を自校担当者で実施できるようにし、校務系ネットワークと授業系ネットワークを同一ネットワーク機器上で分離運用可能にする
  • 校務系、授業系の各ネットワークのアクセス権限の設定と既存の AD サーバとの組み合わせで、アクセス権限の強化とセキュリティの 2重化を図る
  • 手ごろな価格の Black Box L2 スイッチを追加し、校内 10G 化を実現しながら、導入費も削減


導入後の効果・将来

ExtremeNetworks 社製 L3 スイッチを初めとするネットワーク機器の更新作業においては、既設ネットワークからの置換にあたり、担当したネットワークベンダーからの情報を短期間で吸収し、ルータやファイアウォールなど、他社が導入した機器に対しても、設定変更等の対応だけでなく、保守費低減の提案により、当初の想定以上の費用削減が実現できました。

現在は、初等部におけるタブレットを利用した授業の開始に向けて、無線アクセスポイントの増設と各デバイスの帯域設定を実施する予定です。


採用製品



Share |