Newsletter
ホーム > リソース > 技術資料・文献 > ケーススタディ > ワシントン首都圏交通局
ナビゲーション
  Washington D.C. Metropolitan Area Transit Authority

ワシントン首都圏交通局、
強力なビデオ技術インフラを導入

背景

ワシントン首都圏交通局 (Washington Metropolitan Area Transit Authority: WMATA) は、米国首都圏における均衡のとれた地域交通システムの計画、開発、出資、運用を目指し、コロンビア特別区、メリーランド州、バージニア州の州間協定により、1967年に設立されました。WMATAのワシントンメトロ地下鉄とバスは、約2,400km2におよぶ管轄区域と500万人以上の人口を抱えています。ワシントンメトロ地下鉄は、米国で2番目に利用者の多い高速鉄道システムとして、5つの路線と86の駅を運営、路線網は160km以上におよびます。


課題

Black Box は、総額 3,500万ドルの電子セキュリティ、安全装置の導入プロジェクトを他2社と共に受注し、鉄道や地下鉄向けの複雑なデジタルビデオ伝送に対応したネットワークインフラを、ワシントンメトロ地下鉄の各駅に設置することになり...



ケーススタディの全内容を読むには、右のフォームに入力してボタンを押してください。



Share |